「神付・産土の森の会」サイトタイトル

神付・産土の森の会

生い立ち

大沢小3年生の環境体験学習、稲荷社前私たちが活動している里山は、神戸市北区大沢町(おおぞうちょう)神付(かんづけ)にあります。 400年以上前に隣村の八多町深谷より5戸の先祖が移り住んで、素戔鳴尊(スサノオノミコト)を祀ったのが始まりと言われており、稲荷社や愛宕社も祀られていることから、この森(約20ヘクタール)を「神付・産土の森」と名付けました。産土(うぶすな)とは、人の生まれた土地とか、生れた土地の守り神のことを言います。

神付ふるさと村農園と産土の森の春の風景昔、このあたりの森林は薪炭林(薪や炭を生産するための林)として利用されてきました。また、アカマツが多く生育していて、マツタケもたくさん採れたと言われていますが、今では薪や炭が使われることはほとんどなく、手入れもされなくなったために、常緑樹やネザサなどが繁茂し、暗く荒れた林(里山放置林)になっていました。

そこで、地域住民の方々の「昔のようなきれいな里山を取腐葉土の仕込みり戻し、次の世代に受け継ぎたい」との熱い思いをうけて、平成20年(2008年)2月23日に地域住民と一般市民有志の約40名が「神付・産土の森の会」を結成し、森林ボランティア活動を開始しました。里山放置林の除間伐、枯木の整理や下草刈りをして、落葉広葉樹を主とした「新しく明るいふるさとの里山づくり」を目指して活動しています。産土の森には隣接してそば畑から産土の森を望む「神付ふるさと村農園」があり、約4割の森の会会員は農園も利用しています。落葉から作る腐葉土は優れた堆肥になり、ササ・タケや間伐材も風除け、支柱として有用です。「農と林は一体」と考えた里山づくりを目指しています。ここ神付は、都市圏に近いところにありながら、田畑や豊かな緑がたくさん残されており、静かな山里の雰囲気にあふれています。

キーワード

私たちは次の3つをキーワードとして、活動しています。

コバノミツバツツジの咲く風景① ふれあいの森づくり:一般市民、地域住民などの様々な人達が楽しみ、そのふれあいを通して新たなコミュニケーションを形成します。具体的には、地域や近隣の児童・生徒および企業の環境体験学習の受入れを行うとともに、一般市民を対象とした里山整備体験会や自然観察会を催しています。平成22年からは企業の森の活動を受入れて、そのサポートにも取り組んでいます。遊歩道を整備したり、ヤマザクラやコバノミツバツツジを増やす活動もしており、多くの人々が憩える里山を目指しています。

大沢中2年生の野鳥の巣箱かけ② 学びの森づくり:森づくりを通して環境問題や里山文化について学びます。そして森の大切さを理解し、森を守る技術を習得します。ネイチャー部会の活動を通して会員相互の植物や野鳥などの自然についての知識のレベルアップや、動力機安全講習会を開催して会員の伐倒技術の向上や安全意識の徹底を行っています。

ネイチャークラブ、つる細工③ 地域に根ざす森づくり:地域の人々や森づくりに参加した人たちの思いが持続できるよう、祭りや行事を通して地域の人々との交流を育みます。地域の街路樹植栽活動や伝統行事に参加したり、筍掘りやつる細工などを季節ごとに楽しみ、会員と地域の人々との親睦を深めています。

活動内容

手道具による除間伐① 基本活動:私たちの活動の基本は、毎月2回の手道具による除間伐や下草刈りなどの里山整備活動です。 放置林となった里山が、明るい生物多様性に富む元気な森になるよう活動しています。

② 動力機(刈払機、チェーンソー)活動:当会が指定する安チェーンソーによる杉の間伐全講習を履修した会員を中心に活動しています。毎月3回程度の活動で、春・夏季は、主に刈払機による下草刈り、秋・冬季は、主にチェーンソーによる樹木の除間伐を行っています。

③ 部会活動:木工・炭焼き・きのこの各部会活動は、季節変動がありますが、毎月1回〜3回程度で希望者が参加しています。また、植物や野鳥などに興味のある会員が集まり、毎月1回ネイチャー部会の活動をしています。加えて、草木染めなども楽しんでいます。

④ 環境体験学習支援活動:地元や近隣の小・中学校、児童館などの環境体験学習を支援する大沢小3年生環境体験学習、愛宕祠前活動を行っています。 また、一般市民を対象とした里山整備体験会や自然観察会も催しています。

⑤ 企業の森の支援活動:企業の社会的貢献の一環としての「企業の森」活動を支援するべく、2010年から約10年間、活動地の一部を「富士ゼロックス兵庫業の森」として富士ゼロックス兵庫株式会社に提供し、活動をサポートしました。

 

 

 

inserted by FC2 system