「神付・産土の森の会」サイトタイトル

動力機活動

女性会員のチェーンソー作業基本活動の時には、手道具による森林整備を行っていますが、一方で、中・大径木の除間伐、立枯木の整理などで伐倒・玉切り・搬出などのためにチェーンソーやロープウインチなどの利用は必要不可欠です。下草刈りも、手刈りだけではとても追いつかず、刈払機などの使用も必要です。特に当会では、森の恵みである伐倒木をできるだけ利活用することにしており、動力機の使用は、基本活動を補完するものとして、活動に欠かせません。動力機の使用は、基本に忠実に行うことにより、年齢や性別に関係なく誰でも安全に作業することができます。

ポータブルウィンチによる伐倒材の牽引 当会が指定する安全講習を履修した会員が動力機を使用することができます。当会では、林業・木材製造業労働災害防止協会(林災防)兵庫県支部が主催するチェーンソーや刈払機の安全講習会への参加を会員に勧めており、履修を条件に受講料の半額を当会で負担(残り半額は会員負担)しています。また、年一回、当会主催の安全講習会(無料)も実施しています。なお、動力機を使用しなくても、手道具を使って枝葉の整理、玉切りした材の搬出など色々な作業に参加することもできます。安全講習をこれから履修しようとする方、動力機は使いたくないが活動はしたいという方、あるいはこれから馴染んでいこうかという方などは、このような後方支援的な作業で動力機活動に参加されてはどうでしょうか。

 春・夏季は、主に刈払機による下草刈り、秋・冬季は、主にチェーンソーによる樹木の除間伐を、月3回程度実施し、各自の都合にあわせて参加しています。刈払機による下草刈り女性も数名が活動しています。活動時間は9:30〜15:00ですが、7月伐倒方向を確保する為のロープかけ1日から9月15日までの暑さが厳しい間は、9:00から正午までの活動となります。なお、動力機とその燃料などは、当会の備品です。

 コナラなどの落葉広葉樹は、薪、炭、きのこの原木として利用しています。薪は、神付ふるさと村農園交流館の薪ストーブで利用する他、販売も行い、当会の活動資金に充当します。炭も販売しています。スギやヒノキの針葉樹は、木工部会で加工し、小屋、屋外テーブル、野鳥の巣箱などの材料として、あるいは木杭などにも利用しています。

 

最新の活動の様子は
ブログカテゴリー“動力機活動”へ

inserted by FC2 system